脂肪吸引で理想のボディラインを手に入れる!整形手術の口コミや名医の評判多数!

もう洋服選びも悩みません!

いろいろ試したダイエツト
私は以前から、ウエストと太ももに脂肪がつきやすいことが悩みでした。
体重自体も学生のときに比べて増えているのですが、劇的に太ってしまったという程ではありませんでした。なので顔だけみれば太っているようにはみえないのですが、ピタッとした洋服を着ると「以外に太かったんだね」という言葉が帰ってきます。
ウエストと太ももの脂肪を減らすために、自分としては色々な努力を行いました。
まず行ったのが筋力トレーニングです。ウエストを痩せるために、とても辛かったのですが腹筋を行ったり、太ももを痩せるためにスクワットを行ったりしました。筋力トレーニングの問題点なのですが、単純に辛いと思ってしまうので長続きしないことです。
私の場合も、最初は気合を入れて行うことが多かったのですが、数週間経つと面倒になりまして筋力トレーニングをしなくなりました。その後は食事制限を行ったりしたのですが、どうしても長続きしませんでした。糖質制限なども行ってみたのですが、数日は我慢することができるのですが、どうしても甘いものやご飯を食べたくなるので、我慢することができませんでした。このままではしっかりと痩せることができないと思ったので、やはりエステやサプリの力を借りて痩せるしかないと考えました。

エステも結構高い
しかしカウンセリングや無料相談に行ってみると、結構高い!トータルで50万を超えました。さらによくよく聞いてみると、痩せるにはそれなりに時間がかかるようです。何件か相談に行きましたが、それほど変わりはなく、結果エステは食事なども平行し、さらには時間もかかるということがわかりました。
たしかにその方が健康的で良いとはわかってはいましたが、早くこのストレスから開放されたいという気持ちが強く、それなら美容外科ではと思いカウンセリングを受けてみることにしました。

脂肪吸引に決めました
美容外科でカウンセリングが終わり、自分なりにどれが一番良いのか考えた結果、美容外科で脂肪吸引してもらことにしました。なぜ脂肪吸引を選択したかと言いますと、ウエストと太ももという具体的に痩せたい部位があったからです。
手術が終わったあと、先生が採った脂肪を見せてくれました。お腹800CC、太もも両脚1,200CCでした。「結構採れたね〜」といって先生が笑っていたのが今でも忘れられません。実際に脂肪吸引を受けてみると、麻酔が切れた後の痛みは多少ありましたが、簡単に痩せることができないということは理解していましたので、我慢することができました。
また、術後1週間ぐらいは安静にしていなくてはいけないのですが、その後、脂肪をとったところが固くなってくるので、しっかりマッサージしなくてはいけません。これをきちんとすることで自然になめらかになるそうです。結構これが大変でしたがこれがおさまってくれば、どんどん細くなっていきます。

毎日鏡で見るのが楽しみになってきました
術後一ヶ月、自身が望んでいる部位をしっかりと痩せることができ驚きました。ウエストは体重以上に細く見せることができましたし、太もももパンツを履くと太く見えていたのですが、以前よりは細くタイトに着こなすことができました。通常の食事制限や運動だとリバウンドのリスクもありますが、脂肪吸引だと直接的に脂肪数を減らすことになるので、リバウンドのリスクもほとんどありません。
これからはこの体型を維持していくよう頑張りたいと思います。