脂肪吸引で理想のボディラインを手に入れる!整形手術の口コミや名医の評判多数!

名医の選び方

名医の探し方

脂肪吸引のクリニック比較(44歳/大阪府/専業主婦)

 

脂肪吸引をする際に迷うのがクリニックです。単純に広告の露出が多くて有名だという理由で選んでしまうと失敗してしまいます。そこで知名度とは別に各クリニックが提供しているサービスを少し詳しく調べて見ました。

高須クリニック:
テレビでお馴染みの高須院長の経営するクリニックです。TV広告をかなり売っているので、広告費がかかっている分、料金は高めになっています。ただし有名な分、手術失敗などにより社会問題化すると致命的なリスクになってしまいます。
信頼できる点としては、高須院長自らが自分の身体を実験体にして脂肪吸引を行っていることです。高須院長のビフォーアフターの写真を見ると、60代にも関わらず腹筋が割れていてビックリします。患者に教えていることを自らが実践している態度には好感が持てます。

湘南美容外科クリニック:
こちらも雑誌の広告でよく見かけるクリニックです。広告費にコストをかけているのでその分、料金設定は割高になります。全国に46院もあるのでメニューも豊富です。脂肪吸引に関しても、ボディジェット方式やベイザー脂肪吸引法、ベイザー脂肪吸引法の改良版ライポマティック脂肪吸引などがあります。最新式の技術を使うものほど、術後の経過が楽だったりボディラインが綺麗に残る等のメリットがありますが、その分だけ料金が高くなる傾向にあります。

品川美容外科:
比較的低料金で施術を行っているクリニックです。無料メール相談も受け付けているので手術が心配な方はこのメールサービスを使って質問をすると良いでしょう。しかし2010年以降に「フェイスリフト」を受けた患者から痛みという後遺症が残ったという苦情による集団訴訟が起きイメージダウンになってしまいました。こういった失敗例は全国展開しているクリニックの中でも一部だけだとは思いますし、判断の難しいところです。

共立美容外科:
このクリニックの脂肪吸引の特徴は、「KBシース」という傷跡保護器具を使用していることです。普通、脂肪吸引をする際にはカニューレというチューブを吸引部に挿すためその部分に傷跡が残るのですが、このKBシースという器具を使うことで傷跡が残りにくくなるそうです。写真を見る限り、このKBシースを使った施術ですと傷跡は小さいように見えます。

大塚美容外科:
このクリニックでは今流行のVASER脂肪吸引法以外にも、脂肪分解注射(BNLS)などの脂肪を落とす方法も採用しています。料金設定で気になったのは「ピンポイント吸引」と「ボディデザイン吸引」とで価格が大きく異るということです。結局、脂肪吸引をしてもボディ全体のバランスの見た目が悪いとお客様の満足度が下がるので、ボディデザイン吸引を選択することになるでしょう。他院と比較すると、そこまで脂肪吸引には注力していないように見えました。